志望動機で他社との差別化ができない場合にやってみて欲しい事

面接現場面接編

志望動機…個人的にも悩まされた経験があります。特に希望企業が同業他社と比較して差別化がされていない場合ですよね。

企業説明会を開くような規模の企業であれば未だしも、中小企業では差別化を図っているのかわからない時、例えばホームページを見ても同業他社との違いが説明されていない、という事は多々あると思います。

そこで今回は、志望動機で他社との差別化ができない場合にやってみて欲しい事について説明していきたいと思います。

※今回の記事は主に中小企業に応募する事を対象としています。大手企業や新卒での場合はこの限りではありません。このような企業は、膨大な情報が出回っていますので、しっかりと企業研究をして臨みましょう。

志望動機で他社との差別化ができない場合にやってみて欲しい事

まずは企業について検索をする

Googleのロゴ

企業HPはもちろんですが、転職会議のような口コミサイトなどでその企業の従業員や元従業員の声が聞こえたりします。とにかくネット上でわかる範囲はめちゃくちゃ調べましょう。

企業名で検索をしても良い結果が出てこない場合は企業が行っているサービス名称などで検索をかけるのも良いと思います。

検索例:企業名、企業名 口コミ、企業名 評判、企業名 待遇、企業のサービス名 口コミ、企業のサービス名 評判など

転職エージェントに聞いてみる

転職エージェントのバナー
エージェント会社を利用している場合は、エージェントに企業が何に対して差別化を図っているのかを聞いていみましょう。エージェントは企業の採用担当者などに事前に調査しているはずです。

代表的な転職エージェントにはリクルートエージェントなどがございます。

転職エージェントとは:元人事が語る「転職エージェントを複数利用すべき理由とは」

自分が今後何をしたいのかをまとめる

企業に対して志望動機が浮かばないのであれば、その業界、業務についての志望動機をまとめてみましょう。その業界、業務の中で、「何がやりたいのか」「何がやれるのか」を考えてみましょう。

面接とは、その企業が求めている人材と、貴方の「何がやりたいのか」「何がやれるのか」という事がマッチしている事が重要です。自身の事を伝える事でその企業にマッチしているのかを逆に問いましょう。

履歴書、職務経歴書には業界の志望職種について書く

検索結果やエージェントに聞いてもわからなかった際は、その業界についての志望動機を書くようにしましょう。無理やりその企業への志望動機を書く必要はありません。

調べても情報(差別化できるもの)が出てこないという事は、その事自体を採用担当者は把握しています。

取って付けた用な志望動機ですと、何処を見てそう思ったのかと採用担当者は不審に思いますし、社会の場でも適当な事を云う人だと認識されてしまいます。

分からない事は素直に分からない事を伝えるべきですし、聞きましょう。

面接時には逆質問で対応

面接時に志望動機を聞かれた際にもその業界についての志望動機で構いません。

その上で面接官に聞いてみましょう。「同業他社との差別化はどのような点になると考えていますか?」もしくは「働いてみて良かったと思う点を教えていただけますでしょうか。」などです。

「何も調べてないのか」と言ってくるような高圧的な会社はブラック企業濃厚なので、入社前に分かってよかったと割り切りましょう。

再度言いますが、調べても情報(差別化できるもの)が出てこない事を採用担当者は把握しています。

採用担当でさえわからない時がある

採用担当でも疑問なんです

大手などでは考えられないでしょうが、中小企業などは目の前の売上を上げる事に注力しており、企業理念や他社との差別化を図る余裕がない所も多くあるはずです。

そのため、なぜこの企業なのか?という問いへの回答を持ち合わせていない採用担当もいると思います。

その事についての良し悪しは置いておいて、調べまくった結果、他社との差別化ができない場合の志望理由とは、単純にあなたがその業界に入社したい理由を素直に伝えてください。

採用担当としても、そりゃ「弊社への志望動機」を具体的に述べるのは難しいよなっと考えているはずです。

その上で何も浮かばない時は企業を変えるべき

会社を変えてみよう

上記で述べた内容を考えても何も志望動機が浮かばないのであれば、貴方自身がその仕事自体に全く興味がないのだと思います。

興味がなければもし内定をもらったとしても続けるのは困難になってきます。貴方も企業も時間の無駄遣いですね。すっぱりと別の企業探しへ切り替えていきましょう。

以上、志望動機で他社との差別化ができない場合にやってみて欲しい事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました