未経験からの海外転職始めにやるべき事5選

未分類

こちらは現地採用として働く事を前提で書いてあります。

海外転職の目的確認

なぜ海外に転職したいのか、この動機次第で行きたい国が変わってくると思いますし、転職する前にするべき事が変わってきます。

まずはあなたの動機を思い浮かべてください。海外で生活をしたい、スキルアップのため、日本が嫌い、様々な目的があると思います。

英語はどの程度喋れますか

ビジネス英語を喋れる方は恐らくこのサイトを見ないと思いますので、ここでは割愛しますね。

母国語が英語でない場合であれば、大半の国で役立つのが英語です。母国語が喋れずとも英語で日常会話をできるだけで入社できる企業は格段に増えます。

日本語だけでもOKな企業も少しはあるのですが、生活する上でも必須になるため少なからず勉強をしておきましょう。

ちなみにTOEICの点数が線引きする企業もあるかもしれませんが、必ずしも必要なわけではありません。喋れるかどうかの方が重要です。

転職エージェントへの登録

英語が喋れる喋れないは別にまず初めに行うべき事は転職エージェントに登録することです。海外に特化している転職エージェントもありますので、まずは情報を得るためにも登録をしましょう。

どういった国でどういった求人があるのか。またそれに応募できる基準は何なのか、先に必ず確認しておきましょう。

海外求人をチェックしたい方はこちら

日常会話、もしくは喋れない方ならリクルートエージェント

ビジネスレベルの英語力があるならエンワールド

国を選ぶ

どの国を選ぶのか。目的がはっきりしている方はもう決まっていると思います。もし悩む方はまずは気になる国を旅行しましょう。1度も訪れずに内定が取れる事はまずありません。なぜその国がいいのか、自身を持って言える位にはその国について理解しましょう。

ビジネスビザの取得条件の確認

国によってビジネスビザの取得難易度が異なります。大卒でないとダメ、社会人経験が5年以上ないとダメなどあります。転職エージェントに聞いたり、調べましょう。

職種の決定

スキルアップのためであれば、既に決まっていることでしょう。

職種は何でもいいので海外に住みたいという事であれば、転職エージェントに要相談です。今のあなたのスキルで就職可能な職種から決める必要があります。未経験可の業種も多いのでまずはリサーチから始めましょう。

まとめ

  • 海外転職の目的の明確化
  • 英語の勉強
  • 転職エージェントへの登録
  • 国の決定
  • 業種の決定

海外転職を考えるのであれば、まず初めにこれらの事を行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました